しょうが湯を効果的に飲むことで元気に過ごせるように

寒い冬に身体を内側から温めるのに効果的な食材はいろいろありますが、代表格と言っていいのがしょうがだと私は思います。そのしょうがをしょうが湯にしていただくと手軽に摂ることができます。 しょうが湯の効果はいろいろありますが、身体を温める以外にも風邪の予防、胃腸の調子を整える、生理痛の緩和、冷え症対策などがあります。上手に摂取し、運動と組み合わせるとダイエット効果もあるそうなので、しょうが湯は女性の強い味方であると言えます。 先ほどの書きましたが、しょうが湯は風邪のひき始めにもお勧めです。しょうが湯の温度はぬるめであることがポイントようです。なぜなら、しょうが湯には免疫力を高めるジンゲロールが多く含まれていますが、熱湯を使うとジンゲロールがショウガオールに変化して免疫力をアップする効果が下がってしまうからです。 また飲むタイミングとしては、朝や就寝前に飲むと効果的とされています。朝にしょうが湯を飲むことによってその日一日の体温が上がりやすくなるようです。3時間くらいは効果が持続すると言われているので朝飲むことと、就寝前に飲むことで手先や足先に熱が行き渡りやすくなり、夜もぐっすり眠れます。そして、お風呂に入る前に飲むと身体の芯から温まり、湯ざめもしにくいそうです。 しょうが湯のいいところを知って体調も良くなりダイエットまでできたら、女性にとってこんなに嬉しいことはないですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

イメージ画像