食品通販市場は約6000億強

国内の食品通販市場は6000億を超えており、さらに市場は拡大しつつあります。とくに人気を集めているのが、産直品と呼ばれるもので、お買い得感のある訳あり商品や外出を控える消費者がちょっと贅沢をする対に買う産地のうまいもの通販は依然として強い人気が続いています。産地の特産品は昔ながらの物産品に加え、スイーツや寿司、パンなど多岐に渡るようになっており、口コミで美味しいといわれるものはかなりが食品通販として流通するようになっています。また業界類や肉類などの産地直送商品も大人気で、とくに蟹や牛肉などその地域でしか手に入らないものは専門の通販業者も登場するほど、扱い額が大きくなりつつあります。こうした食品通販はユーザーの口コミも大きな役割を果たしており、ネットの普及により購入してみてどうだったかといった実際の利用者のコメントが販売に大きく影響するようになっているのです。事実評判のいい業者はかなり口コミでも好評価を得ていることが多く、消費者にとっては商品選択に関してかなり大きな参考になっていることは間違いない状況です。今後もこうした食品の通販はさらに市場が大きくなっていくことが予想され、有望な市場といえそうです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

イメージ画像